お電話でのお問合せはこちら
0120-897-401
受付時間
9:00~19:00
休業日
土・日・祝日、夜間も対応(要予約)

国際結婚手続と配偶者ビザ

国際結婚手続

こちらでは国際結婚手続きについてご説明致します。

国際結婚をする場合、その手続きは相手の方の国によってその難しさや必要書類が異なります。また、日本で婚姻届を提出する先の役所によっても必要書類が異なってくることがありますので、必ず役所や大使館に確認しながら進めていきます。一般的には必要書類として下記の4つを求められます。

1.婚姻届
2.戸籍謄本
3.パスポート
4.婚姻要件具備証明書

この中で馴染みの薄い書類と言えば、婚姻要件具備証明書になるかと思います。この書類は相手の外国人の方が独身であり、結婚できる年齢に達していることを証明する書類になります。この婚姻要件具備証明書は国によっては発行できないとするところもあり、例えばインドやマレーシアが該当します。その場合は婚姻要件具備証明書に代用できるものを用意して結婚手続きを進めていきます。

配偶者ビザの申請

配偶者ビザ申請

国際結婚手続き完了後の配偶者ビザの申請

日本人と外国人の方の間で国際結婚手続きが完了した後、日本で一緒に暮らしたい場合は「日本人の配偶者等」というビザの申請を行うことになります。国際結婚の手続きが完了したとしても、必ずしも在留資格・ビザが取得できるわけではありません。特に申請書に辻褄の合わない内容を記載して提出してしまうと、出入国在留管理局に偽装結婚という疑いをもたれ、不許可となる可能性もあります。実際、当事務所でもそのようなご相談を受けることが多くありますので、1つ1つの書類の記載に誤りがないように慎重に申請準備を進めることが大切です。 

必要な書類が準備できたら、管轄の出入国在留管理局にビザの申請をします。海外にいる方は「在留資格認定証明書交付申請」、既に他のビザで日本に滞在している方は「在留資格変更許可申請」を行います。 

まずはお気軽に無料相談・お問合せをご利用ください!

お電話でのお問合せはこちら

0120-897-401

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~19:00

休業日:土・日・祝日、夜間も対応(要予約)

ご連絡先はこちら

行政書士法人LSRコンサルティング

お電話でのお問合せはこちら

0120-897-401
住所

〒160-0023
東京都新宿区西新宿8-3-1 西新宿GFビル3階