お電話でのお問合せはこちら
0120-897-401
受付時間
9:00~19:00
休業日
土・日・祝日、夜間も対応(要予約)

日本人と離婚することになった場合

日本人と離婚することになった場合

日本人と結婚をして日本人の配偶者等というビザを持っていた場合に、離婚することになれば配偶者であるという要件を満たさないことになります。その場合でもすぐに不法滞在にはなりませんが、6ヶ月以上その状態が続くとビザが取り消される可能性があります。 

その場合、定住者のビザに変更できるケースがあります。定住者に確実に変更できる訳ではありませんが、下記のような事情がある場合には定住者への申請が許可される可能性が高くなります。 

独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること  定職に就いており、生計が維持できていれば、公的な扶助(生活保護)を受ける可能性は少なくなりますので有利になります。また、税金や年金などの公的義務を滞納せずに支払っていることも許可に有利に働きます。  

②日本人と3年以上の結婚期間がある  
概ね3年以上、日本人の方と結婚生活があった場合に許可が認められやすくなります。  

離婚の原因として、自分に帰責性がないこと  
例えば自分の暴力や借金、浮気などが離婚原因になった場合は、不利になります。逆に日本人の側にそういった事情があれば審査に有利に働きます。  

日本人の実子を日本国内で扶養し、親権を持っていること  
②の要件で概ね3年以上の婚姻期間があることが目安になっていますが、3年に満たない場合でも2人の間に子供がおり、かつ申請人が親権を持っている場合は審査に有利に働きます。  

日常生活に支障がない日本語能力があること 
今後日本で生活をしていくためにある程度の日本語の能力を持っており、日本への定着性がある場合には審査に有利に働きます。   

離婚した場合の定住者への変更申請は、法務大臣の裁量が大きく難しい申請になります。離婚をしたけれども、引き続き定住者として日本に住み続けることを検討されている方は、ぜひ一度当事務所までご相談下さい。 

まずはお気軽に無料相談・お問合せをご利用ください!

お電話でのお問合せはこちら

0120-897-401

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~19:00

休業日:土・日・祝日、夜間も対応(要予約)

ご連絡先はこちら

行政書士法人LSRコンサルティング

お電話でのお問合せはこちら

0120-897-401
住所

〒160-0023
東京都新宿区西新宿8-3-1 西新宿GFビル3階