お電話でのお問合せはこちら
0120-897-401
受付時間
9:00~19:00
休業日
土・日・祝日、夜間も対応(要予約)

永住者と結婚した場合

永住者の配偶者等のビザ

永住者と結婚した場合、永住者の配偶者等のビザを取得できる可能性があります。 

永住者の配偶者等のビザを取得できる人

永住者の配偶者等のビザを取得できるのは①永住者の配偶者と特別永住者の配偶者②①の方から日本で出生し、その後引き続き日本で在留している方です。ここには認知された子供も含まれます。また「日本で出生し、その後引き続き在留している方」という要件があることから、母が永住ビザであっても,本国で出産した場合には永住者の配偶者等のビザの要件に当てはまりません。ただし、その場合は定住者ビザの対象となる可能性があります。子供が生まれる前に,永住ビザ保持者である両親の一方が亡くなってしまった場合でも,永住者の配偶者等であることには変わりませんので、永住者の配偶者等のビザが取得できる可能性があります。  

永住者の配偶者等のビザの申請ポイント 
まず、永住者の配偶者は永住者と本国法に基づいて有効に婚姻手続きをしていることが前提になります。そしてどうやって出会ったか、交際の様子、結婚に至るまでの経過を説明し、審査官に真実に基づいた結婚であることを信憑性を持って証明していきます。具体的には写真、メール、送金記録等を添付します。  

また、日本人の配偶者等のビザと同様に、夫婦の生活が経済的に安定していることが求められます。安定した収入がない場合には,婚姻生活の安定性,継続性が欠如しているものとして不許可になってしまう可能性があります。夫婦の同居に関しても同様で、特別な理由がないにもかかわらず別居している場合は不許可の確率が高くなります。 

永住者の配偶者等の在留資格は就労ビザと異なり、適法な仕事であればその仕事内容に制限がありませんので、仕事目的の偽装結婚であると出入国在留管理局に疑念を抱かせないよう、慎重に書類を準備して申請していきます。

まずはお気軽に無料相談・お問合せをご利用ください!

お電話でのお問合せはこちら

0120-897-401

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~19:00

休業日:土・日・祝日、夜間も対応(要予約)

ご連絡先はこちら

行政書士法人LSRコンサルティング

お電話でのお問合せはこちら

0120-897-401
住所

〒160-0023
東京都新宿区西新宿8-3-1 西新宿GFビル3階