お電話でのお問合せはこちら
0120-897-401
受付時間
9:00~19:00
休業日
土・日・祝日、夜間も対応(要予約)

オーバーステイの外国人と結婚する場合

オーバーステイ の外国人と結婚する場合

オーバーステイの外国人でも日本人と結婚することはできますが、法律に違反しているため、そのままの状態で日本人の配偶者等のビザを取得することはできません。オーバーステイをすると、退去強制の対象となり、強制送還されるまでの間、出入国在留管理局に収容されることがあります。また、退去強制されると、退去強制された日から5年(過去に強制退去歴がある場合は10年)の上陸拒否期間があり、その間日本に上陸することは原則できず、特別な事情がある場合にのみ、上陸特別許可を受けることができるにとどまります。 

一方でオーバーステイの方は自ら出入国在留管理局へ出頭し出国を希望する場合に、出国命令制度を利用することができる場合もあります。出国命令で出国する場合の上陸拒否期間は原則として出国した日から1年ですので、早く日本に戻ってきたいと思っている方はまずは出国命令で出国できるかどうかを検討した方がいいことになります。 

上記のように、基本的にはオーバーステイが発覚したときには、本国に帰らなければなりません。但し、例外的に「在留特別許可」を受けることで引き続き日本に滞在することができるケースがあります。 

在留特別許可とは 
在留特別許可とは、不法残留や不法入国などで日本に不法滞在している外国人に、法務大臣が裁量により特別に在留資格を与える制度です。在留特別許可は、法務大臣の裁量的な処分で、その許否の判断は個々の事案ごとに異なります。 

実務的には「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「永住者」「定住者」という身分系のビザを持っている場合は、他のビザよりも在留特別許可が得られる可能性が高くなる傾向にあります。その理由としては、日本に家族がいて日本人の今後の幸福な人生に寄与する可能性があることや、既に長い間日本で生活しているといった事情を総合的に考えた上で人道的な配慮がなされるためです。但し、かなり難しい手続きになりますので、まずは当事務所まで一度ご相談下さい。 

一旦帰国して、在留資格認定証明書交付申請を行う 
在留特別許可を受けることはかなり難しいため、場合によってはいったん帰国し、在留資格認定証明書交付申請を行う方が、早く日本に戻って来られる可能性があります。しかし、上述したように、退去強制された場合には、一定期間の上陸拒否期間があるため、原則として上陸拒否期間を経過していないと日本に上陸することができません。 

 過去にオーバーステイをしたことがあるときの在留資格認定証明書交付申請について、注意すべきことは下記の点です。 
1.オーバーステイ歴を隠さないことです。出入国在留管理庁には過去に退去強制された人の記録が残っていますので、正直に記載するようにします。 
2.反省文をきちんと書くことも多少の効果があります。真摯に反省をしていることや、今後はもう二度と同じ過ちを犯さないように注意する旨を記載します。 

在留期間の更新を忘れずに 
一日でも在留期間を過ぎてしまうとオーバーステイとなります。出入国管理局から在留期限についての通知はきませんので、自分で在留期間の更新を忘れないように注意を払っておく必要があります。 

在留期間は在留カードに記載されていますが、特例として在留資格の変更や更新の申請がなされると、その申請中に在留期間が切れても申請の処分がされるときまで又は従前の在留期間の満了の日から2月を経過する日のいずれか早いときまで適法に滞在できるとする制度があります。しかし、なるべくなら余裕を持って在留資格の変更・更新申請を行うのが望ましいでしょう。 

オーバーステイの外国人の方と結婚することは可能ですが、その外国人が日本に引き続き在留するためのビザを取得するための申請は非常に難しい手続きとなります。当事務所には、経験豊富な行政書士が在籍しておりますので、在留特別許可をお考えの方はお気軽にお問い合わせください。 

まずはお気軽に無料相談・お問合せをご利用ください!

お電話でのお問合せはこちら

0120-897-401

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~19:00

休業日:土・日・祝日、夜間も対応(要予約)

ご連絡先はこちら

行政書士法人LSRコンサルティング

お電話でのお問合せはこちら

0120-897-401
住所

〒160-0023
東京都新宿区西新宿8-3-1 西新宿GFビル3階