お電話でのお問合せはこちら
0120-897-401
受付時間
9:00~19:00
休業日
土・日・祝日、夜間も対応(要予約)

中国人と国際結婚した場合の手続き

中国人と国際結婚

日本では男性が18歳、女性は16歳で結婚できますが、中国では日本よりも年齢が高く定められており、男性は22歳、女性は20歳になれば結婚できることになっています。日本で先に婚姻手続きをする場合、お相手の中国人の方に婚姻要件具備証明書を取得してもらいます。 

婚姻要件具備証明書申請の際の必要書類 
1.パスポートのコピー 
2.住民票原本(3ヶ月以内のもの)または在留カードの原本とコピー 
3.声明書(中国大使館のページからダウンロードします) 
4.申請書(   〃                ) 
中国人の方が短期滞在で来日している場合は、中国国内の公証処で発行した未婚声明書を提出できれば、婚姻要件具備証明書を発行することができます。    

日本の役所での結婚手続き
婚姻要件具備証明書が発行できましたら、役所で婚姻手続をします。日本人と中国人双方に必要となる書類があります。提出書類については市町村役場によって異なることがありますので、必ず事前に管轄する役所に確認をして下さい。 一般的には下記の書類が必要になります。
1.婚姻届(証人2人が必要)。  
2.日本人の戸籍謄本(本籍地以外で届出する場合) 
3.中国人の婚姻要件具備証明書
4.中国人の出生公証書 

中国人の方に離婚歴がある場合は離婚証明書も必要になります。日本で婚姻手続きが済めば中国人配偶者は出入国在留管理局に「日本人の配偶者等」のビザの申請ができます。 なお、日本での婚姻手続きが済めば、中国側でも婚姻が成立したことを意味します。逆に、中国では既に成立している結婚についての報告的届出は受け付けていません。しかし、居民戸口簿を未婚から既婚に変更しないと、中国では記録上未婚のままになってしまうので、日本で取得した婚姻受理証明書を中国の管轄の役場に提出することで既婚に変更をする手続きを取ることになります。   

中国で先に婚姻手続きをする場合 
中国で先に婚姻手続をするには、日本人が必要書類をあらかじめ取得してから中国に行き、中国人のお相手の戸籍地を管轄する婚姻登記処に2人で出向く必要があります。 こちらも上記同様、管轄の登記処によって異なって来る場合がありますので、事前に確認をしてから出向いて下さい。一般的に必要となるのは下記の書類になります。    

日本人が用意する書類 
・パスポート 
・婚姻要件具備証明書 
 この
婚姻要件具備証明書は法務局で取得でき、取得したものについて外務省と領事認証が必要になります。 

中国人が用意する書類 
・パスポート 
・居民身分証 
・居民戸口簿 
婚姻手続きが完了したら結婚証が発行されます。 

結婚証が発行されたら、中国にある日本大使館もしくは日本の管轄市区町村に婚姻の届出をします。中国では結婚公証書が発行できるようになり、日本では婚姻した旨が記載されている戸籍謄本を取得できますので、それらを添付して出入国在留管理局に日本人の配偶者等のビザ申請をします。

まずはお気軽に無料相談・お問合せをご利用ください!

お電話でのお問合せはこちら

0120-897-401

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~19:00

休業日:土・日・祝日、夜間も対応(要予約)

ご連絡先はこちら

行政書士法人LSRコンサルティング

お電話でのお問合せはこちら

0120-897-401
住所

〒160-0023
東京都新宿区西新宿8-3-1 西新宿GFビル3階